« パリで迎えた誕生日 | Main | 言い訳壁紙 »

Saturday, 20 June 2009

Comments

Jeffrey

おお、ポーランド。
昔の方が良かったってことかな。
時代が変われば文化も変わりますが、人の心はいかに。
昔のOsamuさんの様に、楽しめば、裏が・・・そっか、奥様御同行ですね。
ウオッカ、ショパンはワルシャワでしたっけ。
美味しかったな。
お土産に是非!(笑)

sirube

突然のコメント失礼致します。
失礼ながら、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://sirube-note.com/french/

もしよろしければ、こちらのページから相互リンク登録していただけましたら幸いです。
http://sirube-note.com/french/link/register/
今後ともよろしくお願い致します。
iyKjsl40

JUN

久保田さん、お久しぶりです。
ポズナニとかオルシチンに行けば、きっと古きよきポーランドに出会えますよ。

JayMing

へろぉ~
互いにひとつ歳を喰った6月、満喫されて居られるようで何より(笑)

ところで、さ。
そのポーランド醤油。 ↓とは違うモンなの?
http://blog-imgs-18.fc2.com/j/a/y/jayming/maggi-1.jpg

こやつは近所のスーパーで買った、マギーのアメリカ向け中国生産品。
これを使うと、一発でアメリカン・チャイニーズ・フードの味になるんで、懐かしさのあまり買っちまった(苦笑)
味は、しょっぱいけどマイルドな醤油。 原料は、小麦、と書いてあるが(苦笑)
---
以前のエントリでは「出遅れた感」が強かったんで遠慮したけど(笑)、日本から欧州向けに醤油が輸出されたのは17世紀。 おそらく陸路を使っての中国醤油(鼓、あるいは鼓醤)の伝播はそれ以前から、だろね。

kikkomanの進出より遥か以前から、アジア系の調味料は欧州方面へ渡っていたわけで、大豆の原産地(旧満州あたりとの説が有力)と、奈良時代にペルシア人が日本を訪れていたコト等を勘案するに、先のエントリでの「彼の国々では中世からすでに大豆と塩を元に立派な『醤油』とも言うべき発酵調味料を作っていたんです」という記述は微妙な感じ(笑)

まぁ、シルクロード世代的歴史浪漫を感じていたいワシなので、その程度の戯言だけど、さ(笑)

Osamu

>JUN
たしかに今のポーランドの国境線は文化的なものとは一致していないので,ヴィエルコポルスカ地方はヴィエルコポルスカ,シレジアはシレジア等々べつの国と思ったほうがよいですね.
ベルリンの壁崩壊後車でベルリン→ポズナニ→ワルシャワと入った時は,ポズナニのほうがワルシャワよりずいぶんと近代的に思えたもんですが...

>JayMing
マギーのそいつぁフランスで売ってるものとも同じ.原料大豆ではないでしょう.パッケージは同じだが中欧で売られているものとは味が違う.
たしかにポーランド醤油も本当の源をたどればタタール醤油だと思うから,アジア原産と言えなくはないな.ふーん,満州だったか.少なくとも今のEU領内に起源はない(笑)

Hilary

That's the smart thinking we could all bneefit from.

The comments to this entry are closed.

My Photo

Recent Trackbacks

March 2011

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

URL of this blog

Powered by Typepad